上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20131025073503ea1.jpg

いつものように新しく発見したダンジョンに潜り、トレジャーハントをしていたある日のこと。
奥の方に野盗を発見。
はいはい、いつものように隠密攻撃で一撃で楽にしてやろう。


20131025073503856.jpg

こっそり背後に付いて後は剣で・・・。
・・・ん?名前が「冒険者」?もしかして敵じゃないのか?
警戒を解いて話し掛けてみることにした。

... 続きを読む
スポンサーサイト
最近のマイブームは読書をすることだ。
新しい町へ行けば必ず書店へ入り面白そうな本を探している。

売っている本は試し読みができるようになっているから、興味を引くものがあれば試し読みをして、じっくり読みたいと思ったものを購入している。
わざわざ買わずともその場で全て読み終えることもできるが、本は自分でお金を出して買って読むことが大事なのだと考えている。


20131006205817cda.jpg

今回興味を引き購入したのは「神殿の浄化」という本だ。

これは実際にあった出来事を記した本で、簡単に訳すと、昔、太古のエルフの神殿"マラーダ"から大規模な魔族の大群が押し寄せ大地を荒らし回り、人々は豊かな生活が出来なくなってしまった。
そこでマルク神聖僧団は"マラーダ"へ向かい、聖なる炎をもって魔族たちを滅ぼした。
神殿内で発見された多数の邪悪な遺物や書物は燃やされ、この地は何年もの間、平和が続く。という内容だ。

これのどこに興味を引かれたのかというと、この"マラーダ"は今でも存在するという点だ。
地図で位置を確認すると、この地方の中心である帝都からかなり遠く離れていて、周りに町など何もない山奥だった。
そんな山奥だからこそ、そのマルク神聖僧団の戦い以降、あまり荒らされずに何かお宝が残されているんじゃないか?と考えたのだ。

... 続きを読む
前回のあらすじ

行方不明になったダル=マを探しにハックダートへ来たが、町の人は誰も見ていないと言う。
しかし見ていないと主張した人の店の裏手には、ダル=マの愛馬の姿があった。


... 続きを読む
20131006200102fbf.jpg

「無理を言うつもりはないけれど、どうか助けてもらえないかしら?娘のダル=マが行方不明で、私どうしたらいいかわからないの。」

ここはコロールにあるノーザン・グッズ商店という店だ。
娘が行方不明になってしまったらしく、店を切り盛りする母のシード=ニーアスに突然助けを求められた。

... 続きを読む
20131001204950a82.jpg

ここは帝都に近い遺跡の中。
外に山賊共がたむろしていたので予想はしていたが、やはり山賊のアジトになっているようだ。

いっちょまえに世間で話題になっている何かを憂いているような世間話をしている山賊達を尻目に、仲間から離れて一人になった奴から剣で直接暗殺していく。
何故弓矢ではないのかと言うと、手をかける前に相手の名前を確認したかったからだ。
・・・よし、ウンブラはいないな。(トラウマ)


ただ山賊達がいるだけのごく普通のダンジョンだったが、1つだけ面白い事があった。



... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。